金剛筋シャツの前後表裏や二枚重ねについて
金剛筋シャツを着る時、前後を間違えたり裏表を間違えると、効果を発揮することができません。

どうやって前後や表裏を見分ければいいのか、コツを紹介します!他にも、ベストな着用時間や気になる二枚重ねについてもまとめました。

金剛筋シャツの前後表裏の見分け方はこれ!

まず前後の見分け方ですが、ポイントは襟元です。金剛筋シャツは首回りがVネックになっているので、V字が前にくるように着ましょう。
手に持って見ているとわかりにくいかもしれませんが、平置きしてみるとよくわかります。

そして表裏ですが、こちらはタグを目安にしましょう。タグが裏側ですので着た時にタグが外にでていなければ正解です。

「急いで着る時にそんなまじまじ見れない!」という人は、たたむ時に向きがわかりやすいようにしておくといいですね!

着用時間は毎日!?二枚重ねは危険かも…

着用時間は、毎日24時間がおすすめです!そうすればずっと加圧されるので、より筋肉に効果があります。
使用時間が短ければ短いほど、理想の体になる時間がかかると思った方がいいですよ。

そしてよく聞く金剛筋シャツの二枚重ねですが、これはぜひやりましょう!とは言い切れないところがあります。

なぜかというと、人によりますが、結構きついと感じる人が多いんです。金剛筋シャツはただでさえ1枚で結構な加圧力があるので、それが二倍となると身体にかかる負担も二倍なんですよね。

そうすると苦しく感じたり、だるく感じたりすることがあるようなので、着てみて支障がありそうであれば、やめておきましょう。

正しい着方をするのが、一番ということですね!