金剛筋シャツがゆるいときは
「金剛筋シャツをせっかく買ったのにゆるくて着られない!」という方のために、対処法をご紹介したいと思います。
サイズについてもお話しするので、そちらも確認してみてくださいね。

金剛筋シャツは、主に男性をターゲットとして作られています。
サイズはMとLの2つが展開されています。サイズの基準は以下の通りです。

Mサイズ:身長162~175センチ・胸囲84~96センチ
Lサイズ:身長172~185センチ・胸囲94~106センチ

選び方としては、普段の洋服のサイズで問題ないと思います。
「入らないかも・・・」と無理に大きいサイズを選ぶとバランスよく加圧できずに着心地も悪くなるので注意しましょう。反対に、無理して小さいサイズを着ると血行が悪くなって体調に影響を及ぼすこともあるので気を付けてくださいね。

そして、金剛筋シャツがゆるい時は一枚インナーを重ね着してみましょう。薄手のものであれば着ることができます。

薄手のインナーを着た後に金剛筋シャツを着用して、腕の部分を襟元まで寄せ上げるすると金剛筋シャツの形が整います。お腹周りもたるみやシワができないようしっかりと引き延ばしてください。その際は強く引っ張ったり、爪を立てたりしないよう注意してくださいね。

金剛筋シャツのサイズ選びと、ゆるい時の対処法についてお話ししました。ぴったりサイズの金剛筋シャツを着て、トレーニングに励んでくださいね(^^)/

↓金剛筋シャツ公式サイト
http://menz-store.com/

 

金剛筋シャツが効かない[TOPへ]