金剛筋シャツの読み方は?薄い透ける真相も
金剛筋シャツが話題ですが、読み方が合っているか自信がないという人のために、金剛筋シャツの読み方や着心地について再確認しておきましょう。

金剛筋シャツ、ストレートに読めば“こんごうきんしゃつ”ですよね。大丈夫です、それで合っています!稀に“こんごうすじ”と読んでしまう人もいるみたいですが、“こんごうきん”ですので間違えないようにしましょう。

人前で口に出すのに間違えたらちょっと恥ずかしいですもんね。

そんな“こんごうきんシャツ”ですが、薄いとか透けるとかいう声があります。それもそのはず、金剛筋シャツはインナーシャツなんですよね。

▼実際に着てみた▼

金剛筋シャツは透ける?

Tシャツとは違いますので、薄くて透けるというのは当たり前であって、別におかしいことではありません。薄い分しっかり加圧してくれますし、上のトップスに響かないところも嬉しいです。
 
>>金剛筋シャツの悪評暴露!知らなかったでは済まされない
 
金剛筋シャツ1枚では外に出れないので、そこは気をつけましょう!下手するとちょっとした変態になりかねません。笑

スケスケというわけではないんですが、微妙に透けるってのが一番恥ずかしいですよね^^;「あの人透けてるの気づいてないんじゃない!?」みたいな目で見られちゃいます。

金剛筋シャツはあくまでインナーという使い方をするのがベストなようです。トレーニングウェアとしてジムでは1枚出来ている人もいるみたいですので、そこは臨機応変に使いましょう!

 
金剛筋シャツの公式サイト