金剛筋シャツの仕組み調査
女性にモテると噂の細マッチョが手に入る加圧インナー「金剛筋シャツ」。
どうしてこんなにヒットしているのでしょうか?
その効果の仕組みについて、シャツの原理を徹底解剖しちゃいます!

抜群の加圧力

まずお話ししておきたいのは、金剛筋シャツの優れた加圧力についてです。

シャツにはスパンデックス繊維が使用されており、高い伸縮性があるという特徴を持っています。
金剛筋シャツは未着用の状態でお腹周りの幅が約20センチほど(床に置いて計測)。

これってかなり細いですよね。
しかし対応している体重は120キロまでと、驚きの幅の広さなんです(・□・;)

このようなサイズ設定ができるのも、優れた加圧力があるからこそです。
他社の製品の2倍もスパンデックス繊維を使用している贅沢な加圧力をぜひ実感してみてください。

筋トレ効果の効率アップ

普段からトレーニングをしている方にも金剛筋シャツをオススメできる理由は、さらに筋トレの効率アップが期待できるという点です。

金剛筋シャツが上半身を360度からバランスよく加圧する設計になっているおかげで、より負荷を大きくした状態で筋トレできるんです。
金剛筋シャツ着れば、自分をさらに追い込むハードなトレーニングが実現可能ということ。

ゴムのような高い伸縮性と、ハードなトレーニングにも耐えうる安定した耐久性で、筋トレ時にも大活躍しますね。

体幹が変わる

金剛筋シャツには、背筋を矯正してくれる伸張バンドが搭載されています。

この伸張バンドがかなり強力で、普段姿勢が良くなかった人は金剛筋シャツを着ていただけで疲れてしまうほどの威力なんです。
ですから、デスクワークでも、ちょっと近くまで出かけるだけでも、もちろんトレーニングの時にも、いつでも正しい姿勢にキープしてくれます。

すると体幹が鍛えられ、インナーマッスルが強化されるんです。
インナーマッスルが鍛えられると、ダイエットの効率はさらに良くなっていきます!

今回は、金剛筋シャツの様々な効果の仕組みを徹底解剖してみました。
仕組みが分かるとその効果にもさらに納得できますね(@^^)/