金剛筋シャツが寒い日に効率アップする仕組み
金剛筋シャツを着たら体がホカホカするという口コミをよく見かけますが、それだと寒い日に着ればとても効率がよいのでは?と思ってしまいますよね。

金剛筋シャツは寒い日に着るとどんな効果があるのか、仕組みや着心地についてまとめました。

金剛筋シャツがホカホカするという理由は、金剛筋シャツの生地の仕組みにあります。金剛筋シャツはスパンデックス繊維という耐久性弾性繊維を使っています。

スパンデックス繊維というのは非常に伸縮性があり、体にフィットする作りになっているんです。そのスパンデックス繊維を使い、人間工学に基づいて体へ圧力をかける作りになっているので、絶妙なバランスで加圧して体に負荷をかけます。

そうすると体の新陳代謝が向上し、汗をかきやすくなるんです。よく代謝がいい人って簡単な運動でも汗かいたりしますよね。そういう状態になるんです。

特に冬の寒い日は、体が冷えやすいため代謝が悪くなります。そんな時に金剛筋シャツを着れば、新陳代謝があがるので体の中から温かくなるんです!効率の悪い冬だからこそ、金剛筋シャツを着たいですね。

先ほども言いましたが、金剛筋シャツは体にフィットする作りになっているので、着心地バツグンです。どんな体型の人でも、その人が心地よくきれるようになっているので、安心して着ることができます。

フィットする作りにはなっていますが、一応サイズがMとLありますので、サイズ表をみて自分の体型に合ったものを頼みましょうね!