金剛筋シャツは脇が痛いのか
「金剛筋シャツを着ていたら脇が痛くなった」という心配な口コミを発見しました。一体何が起きているのか、悪い口コミについて検証してみたいと思います。

①効果があり過ぎた?!

金剛筋シャツは、伸縮性を強くするための加工がちょうど脇の下あたりにあります。この部分が背中から胸あたりを強く締め付けるので、脇に痛みを感じたのかもしれません。

しかし逆に考えると、胸筋や腕周りなどその周辺に加圧がばっちり効いているということですよね(◎_◎)
さすが金剛筋シャツの加圧力です。

初めて加圧シャツを着る人にとっては、最初は締め付けが苦しく感じることもあるでしょう。無理して24時間着る必要はありませんので、だんだんと慣らしていってくださいね。

②姿勢をチェック

金剛筋シャツは、姿勢を正しく矯正してくれる効果もあるんです。着るだけで勝手に体幹がトレーニングされ続けている状態です。

普段猫背気味で、背筋がまっすぐに伸びていなかった人にとっては、着始めるとかなり疲れを感じることもみたいですね。

今まで使っていなかった筋肉が強制的に使われるワケですから、びっくりするのも当然のこと。無理のない範囲で継続して着て、だんだんと良い姿勢を定着させたいですね。

サイズは合っているか?

もしかすると、脇が痛いと感じる金剛筋シャツはサイズが小さいのかもしれません。

基本的に普段着のサイズと同じものを選んでみてください。

金剛筋シャツは、MサイズでもLサイズでも同じ加圧力です。小さい方が加圧力が高いということはありませんので、自分に合ったベストサイズを選んでくださいね。

体型に合ったサイズの金剛筋シャツが、一番効果を感じられますよ。

以上、金剛筋シャツで脇が痛いという口コミを検証してみました。まだ金剛筋シャツに不慣れで上手く着こなせていなかった可能性もあるようですね。

自分にぴったりのサイズの金剛筋シャツを選んで、毎日快適な着心地で着続けてくださいね(*^^*)

 
>>【必見】金剛筋シャツを僕が使った結果(写真)を全て出します