金剛筋シャツのジムでの使い方
金剛筋シャツはいつ着れば一番効果的なのか気になりますよね。
また、ジムでのトレーニングウェアとして活用したいと考えている人も多いはずです。
今回は、ジムでの金剛筋シャツの使い方を中心にお話ししたいと思います(^^)

金剛筋シャツをトレーニングウェアとして活用している人は、普段着ているウェアのインナーにしている人が多いようです。
もちろん金剛筋シャツ1枚でも大丈夫ですよ。

金剛筋シャツは上半身への負荷を大きくしてくれる加圧インナーです。
主にトレーニングできる筋肉を紹介します。

大胸筋、上腕二頭筋、広背筋、腹筋、腹斜筋

このあたりの筋肉が代表的です。

金剛筋シャツを着てトレーニングするときのポイントはいくつかあります。

①正しいフォーム
金剛筋シャツを着ることで姿勢が矯正されるので、自然と正しいフォームで筋トレをすることができます。
この時、使っている筋肉をより意識しながら鍛えることで、効果が高まりますよ。

ちなみこれは、金剛筋シャツのアンバサダーである品川庄司の庄司さんもお話しされていました!

②ゆっくりとした動きで
これは筋トレに慣れている方なら常識かもしれませんが、むやみやたらに動いても筋肉は大きくなりません。
また、無理な動きは金剛筋シャツの傷みを早める原因にもなります。

ゆっくりとした動きで、筋肉の負荷を確かめながら鍛えるのがおすすめですよ。

金剛筋シャツで鍛えたい人には2つのタイプがいる

同じトレーニングをすると言っても、その目的は主に2つに分かれるでしょう。

・負荷を大きくして筋肉量を増やしたい方。
・細マッチョを目指して体を引き締めたい方。

この2つでは鍛え方も異なってきます。

筋肉量を増やしたいと考えるなら、ジムの器具を使うようなじっくりトレーニングがおすすめです。
金剛筋シャツで負荷を増やしてよりハードに鍛えてくださいね。

引き締めたい方は、腹筋や腕立てなど体幹を鍛えるトレーニングに、有酸素運動を組み合わせましょう。
金剛筋シャツを取り入れて代謝をアップさせれば、さらにダイエットの効率が良くなりますよ。

今回は、ジムやトレーニングの時の金剛筋シャツの活用方法をご紹介しました。
理想のボディを目指して、金剛筋シャツと一緒に頑張ってくださいね(*^^*)