金剛筋シャツは脱水するとやばい
手に入れた金剛筋シャツのお手入れ、どうしてますか?
金剛筋シャツの正しいお手入れ方法を学んで、生地が伝線したり縮むのを防ぎましょう!

NGなお手入れは?

まず、金剛筋シャツを洗濯するときに絶対してほしくないことが脱水機能で水分を絞ること!

洗濯機にポイッと入れてスイッチを押し、そのままぐいぐい脱水されてしまった金剛筋シャツは・・・

次着た時には加圧力がかなり低下してしまうことが予想できます(;_:)

さらに他の洗濯物と絡まって伝線してしまうこともあります。
伝線してしまうと、そこからほつれて破れる原因につながってしまうんです。

金剛筋シャツは姿勢を矯正したり、体をぎゅっと引き締めるためのラインが特徴です。
これが、脱水機能で強く絞られることによりシャツが型崩れしてしまうんです。

すると、加圧力がどんどん落ちてしまう残念な状態になってしまいます。

基本的には金剛筋シャツは手洗いで、やむを得ず洗濯機で洗う時にはネットに入れ、おしゃれ着洗いの設定で優しく洗うようにしましょう。

また、漂白剤(塩素系・酸素系)の使用もおすすめできません。
こちらも生地を傷める原因となります。

最後に、乾燥機の使用も控えてください。
熱風で乾かされると、金剛筋シャツはどんどん縮んでしまいます!

伸縮性のない縮んだシャツでは、何の役にも立ちませんね・・・

以上、金剛筋シャツのNGお手入れをご紹介しました。

金剛筋シャツをより長持ちさせるには?

禁止事項ばっかりをお話ししてしまいましたが(^-^;
金剛筋シャツをできるだけ良い状態で長持ちさせる方法についてもご紹介したいと思います!

まずは先ほどお話しした手洗いの件。
汚れを押し出すように丁寧に洗い、水分を取りきらない状態で直射日光に当たらないよう乾燥させましょう。
いわゆる影つり干しです。

また、1枚のシャツを365日着回しては、シャツも体力が持ちません(笑)
何枚か洗い替えを準備して、1枚ずつにかかる負担を減らしてあげると1枚1枚が長持ちします。

購入時はまとめ買いしておくと便利ですね。

金剛筋シャツのNGお手入れ&長持ちさせる方法をお話ししました。

丁寧に金剛筋シャツを扱って、いつでも高い加圧力を実感してくださいね!